便通を良くするサプリのおすすめは?

便通を良くするサプリのおすすめ

便通のためには朝の生活が大切

 

ダイエットをする上で食事を減らしている人は多いと思いますが、ぜひ朝食は食べるようにしてください。食事の回数が増えたとしても、朝食をしっかり食べることによってダイエット効果があるのです。

 

というのは、朝食は腸を動かすサインになるからです。腸は夜中に消化活動を終えた後に休憩しますので、朝は働きが鈍くなりがちです。そこに食べ物が少量でもいいので入ってくると、飛び起きて活動を開始し、その影響で便通が来るようになります。

 

ですから、理想的な生活リズムとしては朝起きて食事をした後に排便がある、という状態となります。この時、たくさん食べてしまうとあまりダイエットとして効果が無いかもしれませんから、腸を動かすことを目的にするならヨーグルトとバナナといった組み合わせくらいで大丈夫です。

 

もしも余裕があるならば、温かいものを作って食べるようにするとよいでしょう。温かい食べ物は副交感神経を刺激し、腸を活発化させてくれる役割があります。普通、起きている時間帯は交感神経が優位になりますので、腸の働きは落ちやすいのです。

 

また、朝起きたら水を飲むというのも腸を動かすためには効果的で、就寝中は汗で思った以上に水分が体から抜けていることもあり、放置しておくことで水分不足で便が固くなって出にくくなることもあります。腸を刺激し、便をやわらかくする一日の最初の一杯をぜひ早めに取るようにしましょう。

 

排便はダイエットに関しては非常に重要で、体の中に毒素をためないことや、お腹が出てしまったり体重が増えるもとになる他、代謝を悪くしてダイエット効果を落としてしまいます。ですからしっかりと便通を整えて排便を促すよう、朝の生活には十分に注意を払うようにしましょう。

 

 

便通改善、何から始める?

 

多くの女性にとってなかなか改善されない慢性の便秘は悩みのタネです。慢性の便秘に陥ってしまうと、便秘と下痢を繰り返すようになったり、肌荒れの原因となったり、平素からの腹部の不快感やぽっこりと出たお腹によってスタイルが崩れたりと、悪い影響ばかりが目につくようになりますから、一刻も早く便通を改善したいものです。

 

快適な便通を維持していくためには、腸内環境の整備が重要です。腸の働きが鈍くなりがちなその原因は、食生活やストレス、生活リズムなどにあります。

 

ストレスの軽減や食生活の改善というのは大切であることがわかるものの、コントロールできる範囲もそれほど多くないために、実際改善するのは結構むずかしいと言われています。

 

ですから、根本から見直すのが難しいという場合は、ちょっとした変化から始めてみましょう。この時に有効なのが食物繊維とオリゴ糖の摂取です。

 

食物繊維は便通を改善する上で有名な栄養ですが、海草やきのこ類に多いので、食事の際に意識的に摂ってみたり、食物繊維を含むドリンク類も多いので飲食の際に気をつけて選べば簡単に増やすことができます。

 

そして、 オリゴ糖は腸内環境を改善してビフィズス菌などの善玉菌を活発にし、腸の活動を活発にする役割を持っています。今は市販のシロップなどもスーパーで手に入りますから、携帯しておいて、紅茶やコーヒー、豆乳に入れる砂糖代わりに使うだけで簡単に摂取することができます。

 

こうした食物を取り入れることによってある程度の改善が見込めると思いますが、根本的な変化を求めるなら、やはり運動する習慣をつけたり、食事の内容や時間帯を見直す、ストレスをためないようにするなど、根本的な対策も多数必要になります。

 

まずはちょっと変化をつけながら様子を見つつ、徐々に根本的な対策に取り組みましょう。

 

便通改善に炭酸水

 

最近、お通じの改善のために炭酸水が有効であると考えられています。炭酸水といえば、ダイエット効果や美容効果が注目されるようになってきて、コンビニなどでも無糖の炭酸水が常備されるようになってきていますよね。

 

こうした炭酸水の健康効果のひとつに便通改善効果があるのですが、炭酸には胃酸の分泌を促進したり、大腸の蠕動運動を活発にする作用があるために便通が改善されると言います。

 

腸で消化が十分にしきれなかった場合に便が残り、便秘のもとになってしまいますので、炭酸水を飲むことによって胃でしっかり消化を進め、腸で吸収したり排便したりするのを助けることができるのです。

 

特に夏場は内臓もバテやすく、また水分が不足しがちで便秘を起こしやすい時期でもありますから、水分補給に炭酸水はおすすめです。ただ、飲みすぎるとかえって下痢をしてしまうこともありますから注意してくださいね。

 

ただ、便秘が数日続いていたり腸閉塞を起こしている場合には、炭酸水を飲むことによってお腹の中にガスがたまり、お腹がいっそう張ってしまうこともあるので注意しましょう。

 

そして、炭酸の入った市販の清涼飲料水は、糖質が多いためにカロリーも高く、糖尿病になる危険性がありますので、連日の飲用は避けた方が健康には良いです。毎日続けるのであれば、カロリーゼロの炭酸水にしましょう。

 

とはいえ、そうした炭酸水だとしても飲みすぎも喉や胃に負担がありますから、ペットボトルの一本くらいを一日の目安として続けると良いと言われています。これを何度かに分けて飲むようにしましょう。

 

便秘の種類と原因

 

便秘と一口に言っても実はいくつかの種類があり、大別すると2つの種類として見ることができます。これはそれぞれ原因が異なっているので、当然対処法も違います。

 

この原因をしっかり知ることは便通の滞りを改善するためには必要となりますので、まずは基本的な知識をしっかりつけるようにしましょう。

 

二つの便秘とは、直腸の異常や大腸の蠕動運動機能低下が原因で起こる機能性便秘と、がんなどの疾患や薬剤の影響によって起こる続発性便秘の二種類で、多くの場合、便秘といえば機能性便秘を指すことになるかと思います。

 

この機能性便秘をさらに細かく見ていくと、弛緩性便秘、直腸便秘、痙攣性便秘という種類に分けることができます。このうち多くの場合は弛緩性便秘で、これは食事の偏りや運動不足といった生活習慣が原因で発症するもので、腸管の機能低下によって起こります。

 

直腸便秘は下剤などの使用や排便の我慢によって、便意の感覚が鈍くなってしまっている状態を言います。このタイプには原因が特定できないものが多く、常習性便秘とも言われることもあります。

 

また、痙攣性便秘は、ストレスなどによって自律神経の乱れ、その影響で腸が異常な収縮運動を行ってしまって排便を妨げている状態です。

 

便通を悪くしてしまう原因の多くは、食事や体質、生活リズムと複雑に絡み合っているので特定は簡単なことではありません。病気の場合はその病気を治療することで便秘も改善されていきますが、原因がはっきりしないものは対処が難しく、一時しのぎになりがちで、繰り返し発症する傾向があります。

 

ですから、便通の改善のためには生活習慣そのものを見直し、健康的な生活をしていくことが大切ですから、自分の生活の何が便通を邪魔しているのかしっかり考えてみましょう。

 

 

便通を良くするサプリなら!ビフィズス菌が効く?